やんちゃエース&オトハ&ジーナの日記

やんちゃな3匹のラブラドールの生活

未分類 > カンボジアの旅4   4月5日(木)

カンボジアの旅4   4月5日(木)

IMGP7129_0325i.jpg


3月26日(月) 午後
ホテル近くの、中華料理のお昼ご飯を食べて、休憩後に
アンコールワットの見学に行きました。

サンスクリット語で、アンコールは都城、ワットは寺院の
意味です。



西参道正門にナーガが、配置されていますね。
お濠がアンコールワットの周りを囲んでいます。


IMGP7128_0325i.jpg

参道の橋は、修復中で仮の橋でした。

IMGP7131_0325i.jpg


さらに、壁に囲まれています。
ポルポトが、アンコールワットの遺跡群に逃げ込んだ時に、
要塞の役目を果たしたそうです。

IMGP7132_0325i.jpg


仏像のお供えに蓮の花が、手向けてありました。
ガイドさんがそれを取って、花ビラで形を作りました。
蓮の花はつぼんでしまうので、開くのかなあと思いました。
そういえば、ホテルのエレベーターの中に、同じ形を
作った蓮を鉢の中に、浮かべていました。



IMGP7133_0325i.jpg

アンコールワットの中心部が見えてきました。


IMGP7138_0325i.jpg


聖池に浮かぶアンコールワット


IMGP7141_0325i.jpg

第一回廊
壁画がすごい! ずーと彫られています。

IMGP7144_0325i.jpg

IMGP7146_0325i.jpg

女神の像

IMGP7147_0325i.jpg


みんなが触るから、おっぱいが黒くなっていますね∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…


IMGP7148_0325i.jpg


第1回廊と第2回廊の間にある十字回廊
天井が十字架みたいになっているので、ここはパワースポット
だと、ガイドさんが言っていました。

(十字回廊は4つの中庭を囲んでおり、かつて中庭は雨水を湛え、
参拝者はそこで身を清めたという。)

IMGP7149_0325i.jpg


日本人が書いた落書き

(江戸時代に、森本右近太夫一房の墨書が見られ、
「ここに仏四体を奉るものなり」とある。)

IMGP7150_0325i.jpg

中庭が見えますか?

IMGP7151_0325i.jpg


第3回廊は、急な階段を上らなくてはいけません。
上った人が見えますか?


IMGP7153_0325i.jpg

古代の階段

IMGP7154_0325i.jpg

仮説の階段

IMGP7155_0325i.jpg


午後5時までに終了なので、登れませんでした。
しかも、いつも混んでいるそうです。


乳海攪拌の図

神々と阿修羅たちが、不老不死の薬アムリタを作り出すために、
大蛇を綱代わりにして海をかき混ぜる。
ヒンドゥー教の天地創造の物語

あまりにも大きいので、3か所に分けました。
蛇のしっぽの部分
頭の上に、角があるのが悪魔

IMGP7157_0325i.jpg

真ん中
カメに神様が乗っています。その上に悪魔がいます。

IMGP7158_03255i.jpg

蛇の頭

IMGP7160_0325i.jpg

すごーい!彫刻です((((;゚Д゚)))))))



建物から出ると、
おお・・・夕日が!

IMGP7163_0325i.jpg

IMGP7166_0325i.jpg

IMGP7167_0325i.jpg

ワンコも・・・・

IMGP7142_0325i.jpg

サルたちも・・・・

IMGP7172_0325i.jpg

ジャックフルーツも・・・・

IMGP7168_0325i.jpg

パパイヤも・・・・

IMGP7170_0325i.jpg

人間も・・・・

夕日に照らされて、1日の終わりを迎えようとしています。

IMGP7177_0325i.jpg


この後、アンコールワットを後にして、夕食を食べながら
アプサラダンスショーを観ました!

IMGP7181_0326i.jpg

劇場の入り口にも、蓮の花が浮いていました。

IMGP7182_0326i.jpg


タ・プロム寺院、バンテアイ・スレイ寺院、アンコールワットを見て、
アプサラダンスショーを観た、盛りだくさんの一日でした。

次回は、朝日のアンコールワット、アンコールトムです。


今日の2ワンズは、お休みします。





スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する