やんちゃエース&オトハ&ジーナの日記

やんちゃな3匹のラブラドールの生活

未分類

カテゴリ:未分類 の記事一覧

東北の旅(毛越寺)   7月21日(土)

IMGP9369_0715i.jpg


7月15日に、中尊寺から、毛越寺に来ました。

世界遺産 毛越寺

毛越寺は慈覚大師円仁が開山し、藤原氏二代基衡(もとひら)から
三代秀衡(ひでひら)の時代に多くの伽藍が造営されました。
往時には堂塔40僧坊500を数え、中尊寺をしのぐほどの規模と
華麗さであったといわれています。
奥州藤原氏滅亡後、度重なる災禍に遭いすべての建物が焼失したが、
現在大泉が池を中心とする浄土庭園と平安時代の伽藍遺構がほぼ完全な
状態で保存されており、国の特別史跡・特別名勝の二重の指定を受けています。
平成元年、平安様式の新本堂が建立されました。


本堂

IMGP9361_0715i.jpg


菖蒲園の菖蒲は終わっていましたが、蓮の花が咲いていました。

IMGP9363_0715i.jpg

ここは、庭(浄土庭園)が有名です
浄土庭園とは仏堂と苑池とが、一体として配された庭園

IMGP9365_0715i.jpg

IMGP9366_0715i.jpg

IMGP9368_0715i.jpg


松尾芭蕉の有名な俳句
夏草や 兵どもが 夢のあと






スポンサーサイト

お初の4ワンズ2   7月21日(土)

IMGP9574_0721i.jpg


サフィニア


留守の間に、元気に育っていました♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
お隣さんに、水をあげてもらっていました。


朝顔

IMGP9575_0721i.jpg


7月20日の4ワンズ
旅から帰って、久しぶりの4ワンズです。


IMGP9547_0721i.jpg


今日の5ワンズ
フリルちゃんとボビーちゃんは、先にパパと散歩に出かけていました。
途中で、出会って5ワンズになりました。

IMGP9555_0721i.jpg

IMGP9556_0721i.jpg


ボビーちゃんとフリルちゃんは、お家に帰ったので、ベムちゃんと
3ワンズで散歩をしていると・・・・・

マールちゃんに会いました\(^o^)/


IMGP9562_0721i.jpg


エースは、マールちゃんが大好きなので、大喜び!
落ち着かないので・・・・
ベムちゃんとオトハを間において、4ワンズ。


IMGP9563_0721i.jpg


しんちゃんにも、会いましたo(^▽^)o

IMGP9573_0721i.jpg


東北の旅の途中ですが、今日は、一休みしました。
明日は、また旅行の続きです!

猛烈な暑さが続いていますが、人もワンも頑張れ!






東北旅行(中尊寺)   7月19日(木)

IMGP9338_0715i.jpg


7月15日に
世界遺産  中尊寺の参道(月見坂)
を上っています。


中尊寺は、天台宗の東北本山です。
曇り空で気温も低いので、長い坂道を、オトハとゆっくり上りましたが・・・・
なにせ長い坂道です。

休憩しているから、エースと行って来てといいましたが、
行きかけたエースが、一緒に行こうと戻ってきました。


IMGP9339_0715i.jpg


皆さんに、頑張れ!と、声をかけてもらいながら・・・・
本山まで来ました!

IMGP9350_0715i.jpg


IMGP9351_0715i.jpg


めざす金色堂は、先にあります

母は来たことがありますが、父は初めてです。
交代で、金色堂の中に入りました。

IMGP9340_0715i.jpg

撮影禁止なので、入り口までです。
建物の中で、ガラスに入った金色堂が、輝いていました。


平安時代後期建立の仏堂である。奥州藤原氏初代藤原清衡が
天治元年に建立したもので、平等院鳳凰堂と共に平安時代の
浄土教建築の代表例だそうです。

IMGP9341_0715i.jpg

金色堂の周りは、清々しい緑で包まれていました。

IMGP9343_0715i.jpg


芭蕉の銅像がありました。
五月雨の 降り残してや 光堂

IMGP9346_0715i.jpg


宝物館前の広場で、交代で待っていると、
たくさんの皆さんに、かわいがってもらいました。

バスのガイドさんが、「もう少し待っていたほうがいいですよ。
水かけ祭りで、お神輿がきます。
水をかけられて、びっくりするとかわいそうだから・・・」

お水大好きのエースです。
自分でかけているくらいなので、大丈夫!
と、出発しました。

月見坂を上がってくる人たちが、びしょぬれで・・・
『後ろからかけるんだもんねえ」などと話していました。


見えた見えた!

IMGP9352_0719i.jpg

休憩場に、お神輿をおろしていました。
水はかけられませんでした(^∇^)

IMGP9353_0715i.jpg


この後、世界遺産 毛越神社に行きました。





東北の旅(達谷窟毘沙門堂)   7月18日(水)

IMGP9333_0715i.jpg

全国的に猛暑が続いていますが・・・・・
岩手県は、最高気温が30度を切って、最低気温が16、17度
くらいで、過ごしやすかったです。


7月15日に厳美渓を後にして、平泉の中尊寺に向かっていると、
あらあ・・・なんだか由緒ある神社が!
向かいの道路沿いに、駐車場があったのもラッキーでした。


IMGP9326_0715i.jpg


達谷窟毘沙門堂


IMGP9327_0715i.jpg


「達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)」の建つ窟は、
かつてこの地で乱暴なふるまいをくり返していた悪路王・赤頭・高丸などの
蝦夷が砦を構えていた場所と言われています。

延暦20年(801年)、桓武天皇の命を受けた坂上田村麿公は、征夷大将軍として
この地に赴き、激戦の末に蝦夷を打ち破りました。坂上田村麿公は京都の
清水寺を建立した人物。蝦夷討伐には「鞍馬寺の毘沙門天より剣を授かった」
「諏訪大社で戦勝祈願をしたところ馳せ参じた武者が、窟での戦いで神がかり的な
活躍をした」など、各地でさまざまな伝説が残されています。

“戦勝は毘沙門天のおかげ”と感じた坂上田村麿公は、そのお礼にこの窟に
清水の舞台を模した九間四面の精舎を建て、108体の毘沙門天をお祀りし、
国を鎮める祈願所としました。


IMGP9331_0715i.jpg


岩面大仏

IMGP9330_0715i.jpg


「達谷窟毘沙門堂」の左隣には、岩壁に刻まれた大磨崖仏が
あります。高さ約16.5メートル、肩幅約9.9メートルの大きな像で、
その名も「岩面大佛」。前九年の役と後三年の役で亡くなった
敵味方の霊を供養するために、源義家が彫りつけたと伝えられ
ています。「北限の磨崖仏」としても名高いこの像ですが、
明治29年の地震で胸から下が崩落してしまい、現在も摩滅が進んで
いるのだとか。後世に伝えるため、早急な保護が叫ばれています。


写真がないのですが・・・・・
別當 達谷西光寺

別當寺として「達谷西光寺」は創建されました。「達谷窟毘沙門堂」を
根本道場とし、神事などを守り伝えてきた「達谷西光寺」。「達谷西光寺」
自体は天台宗のお寺ですが、「達谷窟」はこれらの諸堂や鎮守社から成る
神仏混淆の社寺のため、境内に鳥居があるのです。



今日、帰宅したので調べてみると、すごい神社でした!
お守りも信者だけに授けていましたが、「福は分け与えよう」
ということで、一般の人にも授けるようになったそうです。

世界遺産には、入れなかったそうですが、中尊寺よりも
古いそうです。






東北の旅(厳美渓)    7月16日(月)

IMGP9296_0715i.jpg


7月14日の夕方、那須から一関まで来ました!


夜に雨が降って涼しい朝を、道の駅厳美渓
で迎えました。
朝の散歩は、厳美渓です。

IMGP9312_0715i.jpg


遊歩道があって、コースによっては長いコース散歩できます。


有名な空飛ぶ団子
ああ・・テレビで見たことがある!

下で注文すると、崖の上のお店から、籠に入ったお団子がロープで
やってきます。
籠にお金を入れて、返します。

IMGP9310_0715i.jpg

早朝の散歩でしたので、お店は開いていませんでした・・・・

IMGP9311_0715i.jpg



この地域は、お餅が有名で、道の駅のレストランは、いろんな
お餅が食べられます。

草餅を買いましたが、美味しかったです!

IMGP9359_0715i.jpg


散歩コースは、つり橋を渡るコースにしました

IMGP9317_0715i.jpg


もっと山深い渓谷なのかなあと思っていたら、道の駅の隣は、一関博物館
があったり、こんな近くに自然豊かな渓谷があって、びっくりw(゚o゚)w

IMGP9324_0715i.jpg

散歩中に会った
ハナちゃん 3か月

IMGP9307_0715i.jpg

まだまだ、お母さんが恋しいねえ!

IMGP9303_0715i.jpg


ナナちゃん、7歳
最初は、警戒していましたが・・・・大丈夫!

IMGP9315_0715i.jpg


2ワンズの旅は、続きます!